東京パラリンピックのシッティングバレーボールに出場するカナダ女子代表の事前合宿地に紫波町が内定した。来年の開幕に合わせ約20人の選手、スタッフが1週間ほど滞在する予定。バレーボール専用体育館の設備や支援の充実が評価された。同国のホストタウンとして男子バレーボールチームの事前合宿地にも選ばれており、一体的な盛り上げを目指す。

 町によると、シッティングバレーボールの同国女子代表は2月、最終予選の世界大会でパラリンピック出場権を獲得。2016年ブラジル・リオデジャネイロ大会は7位に入った。