花巻市大迫町のエーデルワイン(藤舘昌弘社長)は5日、オーストリアの代表的な品種、グリューナー・ヴェルトリーナーで醸造した辛口白ワインを発売する。同国ベルンドルフ市から2015年、花巻市との国際友好都市締結50周年記念で贈られた苗木を栽培、収穫したブドウで製造した。今年は提携55年の節目。両市の関係のように十分に成熟したワインの完成を喜んだ。

 ワイン「グリューナー・ヴェルトリーナー白2019」は熟した果実を思わせるような香り、穏やかな酸味が感じられる。自社農園で栽培した1836キロを仕込み、720ミリリットル瓶で1782本製造。オープン価格。県内主要酒販店、スーパーで取り扱い、同社直営店のワインシャトー大迫では2530円で販売する。