2020.06.30

香り豊か新品種ワイン 紫波フルーツパーク、白700本あす発売

2019年産「紫波モンドブリエ」の発売を控え、「香りを楽しんでほしい」と期待を込める佐藤大樹醸造課長
2019年産「紫波モンドブリエ」の発売を控え、「香りを楽しんでほしい」と期待を込める佐藤大樹醸造課長

 紫波町遠山の紫波フルーツパーク(社長・熊谷泉町長)は7月1日、白ワイン用ブドウの新品種モンドブリエを使った2019年産「紫波モンドブリエ」を発売する。モンドブリエのワインは全国でもまだ少なく、同社では約700本を初生産した。関係者はこれまでにない豊かな香りをアピールしている。

 モンドブリエは白ワイン用ブドウのシャルドネとカユガ・ホワイトを掛け合わせて山梨県で開発された。本県でも栽培法などを研究し、同社では数年前から栽培してきた。ワインは適度な発酵により、甘さを残してろ過。オレンジやモモのような強い香りと柔らかな口当たりが特長だ。

 750ミリリットル2530円。同社直売所などで販売する。問い合わせは同社(019・676・5301)へ。