西武の外崎修汰(富士大)が逆転2ランを含む2安打3打点と躍動した。練習試合の再開初戦でいきなり好結果を残し「久々の対外試合だったので、どきどきというか、わくわくというか、いつもと違う感じで入っていった。試合でいい当たりを打てたのは自信につながる」と胸をなで下ろした。

 五回に押し出し四球を選び、続く七回2死一塁で戸郷の初球、外角への150キロの直球を迷わず振り抜いた。コースに逆らわずに打ち返した打球は右翼席最前列へ。持ち味の逆方向への長打力を見せつけ「自分のタイミングを取れて、速い球に負けずいいスイングができた」とうなずいた。