一戸町中山のグラフィックデザイナー、イラストレーター柴田外男さん(80)は、漆をテーマにしたポスター原画を、二戸市福岡の小西美術工芸社二戸支社(福田達胤(たつたね)支社長)の玄関に展示している。日本遺産に認定されたばかりの漆文化を、作品を通して後押ししている。

 「クラシカル二戸」と題した作品はB1判で、漆器や漆の木などがあしらわれており味わい深い。2019年岩手広告美術展のために制作し、奨励賞に輝いた。

 福田支社長(36)は「日本遺産への認定で漆への注目も集まっている中、漆や会社の取り組みに理解を深めてもらい、ありがたい」と感謝する。