洋野町の種市高(松場喜美夫校長、生徒131人)は24日、同校で新型コロナウイルスの感染防止に配慮した形式で、校内スポーツフェスを開催した。例年は競技のみだが、種目や形式を変更し、清掃活動や過去のオリンピックの映像視聴なども行った。生徒は3密(密集・密接・密閉)を避ける形を模索しながら実施にこぎ着け、高校生活の思い出を刻んだ。

 フェスは「する」「みる」「ささえる」の3分野で会場を設定。クラス単位で競技や活動を回して密集を避けた。

 スポーツ大会実行委員長の嵡(ところ)優也さん(同)は「道具をあまり使わない種目を考えるなど開催までかなり苦労したが、みんな楽しんでくれてよかった」と笑顔を見せた。