ソフトバンク9-6西武

 西武の山川穂高(富士大)が今季初アーチとなる3ランを放った。0-4の一回1死一、二塁で、フルカウントから石川の直球を捉えた。「打った瞬間は、どうかなという感触」だったが、打球はバックスクリーン右へ。ダイヤモンドを一周すると、ベンチに戻って今季初の「どすこいポーズ」を披露した。

 昨季まではほとんどの本塁打が左方向へ豪快に引っ張ったもの。今季は「ホームランエリアが広がれば、もっと打撃の幅が広がる」と右方向への打撃をオフから磨いてきた。その進化を示す、中堅から右方向への今季1号となった。