2020.06.24

はがきの結婚式いかが 盛岡・知人や友人と記念品作り

知人や友人に送るあいさつ状(右)とカップル自らが制作する記念品の例
知人や友人に送るあいさつ状(右)とカップル自らが制作する記念品の例

 招待状や席順表など結婚式関係の紙製品を扱うセレブプランニング(盛岡市、佐々木秀樹社長)は、新型コロナウイルス感染症の影響などで結婚式を挙げられないカップル向けに新しい形の結婚式を提案している。名付けて「はがきの結婚式」。知人・友人らとのはがきのやりとりを通じて結婚を祝ってもらい、記念品作りにもつなげるアイデアと手作り感あふれる内容だ。

 同結婚式は、最初にカップルが知人や友人にあいさつ状を送付。同封したはがきの枠内に承認のサインとメッセージを記入して返信してもらう。カップルはその部分を自分たちで切り取り、台紙に貼り付けて記念品を制作、最後にお礼状を送る、という仕組みだ。問い合わせは同社(019・601・8113)へ。