県は新型コロナウイルス感染症対策として、PCR検査を希望する妊婦に検査費を全額補助する。おおよそ2週間以内に出産予定日を迎える人が対象で、女性の不安を解消するだけでなく、医療従事者らの感染も防ぐ。陽性が確認された場合も重症度に応じた施設で治療し、母子を守る。

 県によると、検査費は1件2万円程度。県内ではPCR検査は原則、妊婦を含め感染の疑いがある人しか受けられない。この支援制度により、無症状の妊婦でも希望すれば検査対象になる。里帰り出産にも適用する方向だ。