一関市は20日、新型コロナウイルス感染症対策を取りながら移住促進を図ろうと、オンライン移住相談会を開いた。感染症の影響で従来の対面相談やイベント実施が難しい中、距離を気にせず対話ができるインターネットの利点を活用。移住の流れにつなげようと、市外在住者のニーズ把握に努めた。

 市がウェブ会議アプリを使って相談会を開くのは初めて。同感染症を契機に、首都圏などで地方移住への関心が高まっていることから企画した。

 相談内容は、移住後の新たなコミュニティーづくりや移住者に対する市民の反応など。「起業を考えている」という相談には、市の制度や実例を挙げながら丁寧に対応した。