2020.06.21

輝け晴れ舞台 中総体・代替大会、3地区で開幕

胆江地区のサッカーで対戦する東水沢と江刺一の選手たち。試合ができる喜びをかみしめながら熱戦を繰り広げた=20日、奥州市・東水沢中
胆江地区のサッカーで対戦する東水沢と江刺一の選手たち。試合ができる喜びをかみしめながら熱戦を繰り広げた=20日、奥州市・東水沢中

 県内13地区のトップを切って20日、和賀、胆江、一関の3地区で中学校総合体育大会(中総体)や代替大会が開幕した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で県中総体、全国中学校体育大会(全中)ともに中止となる中、各校の3年生は上位大会の切符につながらなくとも、部活動の集大成となる晴れ舞台に感謝の気持ちを込めてプレーした。

 
◇      ◇
 

 岩手日報は21日付の本紙で地区中総体や代替大会を特集しています。22日付の本紙でも1地区1ページの特別紙面で中学生の熱戦を伝える予定です。

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙   電子新聞