新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった今夏の第102回全国選手権岩手大会に代わる夏季県高校野球大会の全7地区予選の組み合わせが決まった。7月1日に開幕する北奥、沿岸北地区を皮切りに熱戦が始まる。各都道府県で独自の代替大会が開催される方向で、本県が全国のトップを切って開幕する見通しだ。

 69校65チーム(連合3チーム)が参加。地区予選は7月5日まで行われる予定で、各地区の代表計31チームが同11日開幕の県大会に出場する。