欧州の素粒子物理学の研究指針となる次期欧州素粒子物理戦略が19日、公表された。注目された国際リニアコライダー(ILC)の位置づけについて「戦略に適合する」とし、日本でタイムリーに実現される場合「協働を望む」と明記した。

 国内誘致の可否を検討中の日本政府が重要視する同戦略は、欧州側の大きな期待感を反映する内容となった。