2020.06.18

犬猫喜ぶドンコおやつ 宮古・近隣食堂の残り、頭を干物に

善助屋食堂で使ったドンコを再利用した「どんこヘッド」を販売する梶山幸江店長
善助屋食堂で使ったドンコを再利用した「どんこヘッド」を販売する梶山幸江店長

 宮古市田老の道の駅たろう内のペット空間「てくてく」(梶山幸江店長)が販売する、ドンコの頭を干物にした犬猫用のおやつ「どんこヘッド」が人気を集めている。材料は同駅内にある「どんこ唐揚げ丼」が名物の善助屋食堂で廃棄されたドンコの部位を再利用。魚の香りやカリカリとした食感を喜ぶペットのために飼い主らが買い求めている。

 頭や中骨、ひれなどを同市内の施設で干し上げた。どんこヘッドは1個100円、小さいものは50円。中骨の姿干しなど他の部位はセットで200円ほどで販売している。加齢などのため硬い食べ物が不安なペットには、干物を細かく砕いたふりかけやチップスを薦めている。

 午前11時~午後3時(土日祝日午前10時~午後4時)。月曜定休。オンラインショップ(https://pettekuteku.thebase.in/)でも購入できる。