宮古商工会議所(花坂康太郎会頭)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける水産加工業者や飲食店を支援し、地元の「味力」を守る取り組みを始める。送料無料の水産加工品セットを用意し消費拡大を図るほか、クラウドファンディング(CF)を活用し飲食店の資金確保を支える。

 水産加工業者の販路回復支援策として「宮古の味が恋しいわ❤キャンペーン」を16日から7月末まで展開。同会議所会員の水産加工業18社が販売する海藻セットや干物セットなど計34ギフトセットを用意した。

 同会議所会員の飲食店支援を目的としたCF「みらい飯」は17日開始する。日本商工会議所とCF会社レディーフォー(東京)が共同で設けた専用ホームページを通して7月末まで市内外から支援金を募る。

 送料が無料となる注文票の取り寄せ、各種問い合わせは同会議所(0193・62・3233)へ。