八幡平市平舘の農業小林光伸さん(72)の畑では青空の下、シャクヤクが華麗な花を咲かせている。

 休耕田や牧草地を耕し、シャクヤクの栽培を始めて10年目。岩手山を望む畑に白やピンク、赤色の花が咲き誇る。花は5日に咲き始め、株を大きくするため14日から摘花作業を始めるという。

 シャクヤクの根は漢方薬などに使われる成分が含まれ、9月末に収穫し漢方薬メーカーに出荷する。