2020.06.12

試合の時の「勝負飯」は 教えてビッグブルズ

 
 

 -シーズン中の日々のトレーニングはどんなことをしていますか。食事はどのような物を食べていますか。試合の前に選手のみなさんが必ずやることは何ですか(何かを食べる、音楽を聴くなど)。

 伊藤良太「シーズン中のトレーニングは、土日のパフォーマンス向上の短期的な目的と自身の弱点を克服する長期的な目的を意識して行っています。食事は、カロリー3000キロ以上と食物繊維、ビタミン取得は意識して取っています」

 「試合前は、会場に入ったらおにぎり1個・バナナ1本・栄養ゼリーは食べています。あとは、気分に合わせた音楽を聴きながら、チーム、地域のために全力を尽くすことを必ず意識してコートに立つようにしています」

 与那嶺翼「選手時代は週3日、体幹と股関節回りを中心にトレーニング。ほぼ毎日食べていたのは納豆、バナナ、ヨーグルト。試合時の勝負飯はタコライス、ブラックコーヒーはマスト」

 「コーチになってからは、朝はバナナ、フルーツ、ヨーグルト、はちみつ。夜は鍋(水炊き)中心。ぽん酢とショウガの組み合わせ。試合の時はブラックコーヒーと一口チョコレートはマスト。選手時代、現在でもストレッチ(30分程度)は欠かさずやっています」

◇    ◇

 岩手ビッグブルズは、岩手日報の紙面で読者の質問に答える企画「教えてビッグブルズ」を行っています。寄せられた質問の内容に応じてブルズの選手やスタッフが登場し、プレーについてアドバイスしたり、紙上で交流します。抽選で投稿者が選手とオンライン会話できる特典も設けています。質問の投稿や企画への問い合わせは岩手日報社編集局運動部(メールsports@iwate-np.co.jp)か、投稿フォームへ。