県高野連(会長・南舘秀昭盛岡工校長)は10日、盛岡市羽場の同校で記者会見を行い、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった今夏の全国選手権岩手大会に代わる県高校野球大会の概要を発表した。69校65チーム(連合3チーム)が参加。県内7地区の予選を勝ち抜いた31チームが7月11日開幕の県大会に出場する。

 県高野連が主催し、公式戦と位置づける。記録は全国選手権岩手大会に継承しない。原則無観客試合だが、控え部員は全員入場可能。保護者はベンチ入りメンバー(記録員を含む)1人につき2人まで入場を認める。ベンチ入りの定員は例年と同様に選手20人。勝ち進めば試合ごとに入れ替えができる。

 同感染症対策として開会式は中止、閉会式は簡略化して行う。移動や宿泊に伴う感染リスクを回避するため、7月5日まで地区予選を実施。県大会は県営(盛岡市)、花巻(花巻市)、しんきん森山(金ケ崎町)、八幡平市総合運動公園の4球場で実施。各球場1日最大2試合とする。順調に日程を消化すれば、同25日に決勝が行われる。

 県大会の組み合わせは9日の常任理事会で決まった。地区予選の抽選は15~19日に行われる。