県高野連(会長・南舘秀昭盛岡工校長)は9日、盛岡市羽場の同校で第2回常任理事会を開き、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった今夏の第102回全国高校野球選手権岩手大会に代わる独自大会の開催を決めた。地区予選は29日、県大会は来月11日に開幕する。

 出場全チームがトーナメント方式で頂点を争う従来の岩手大会と異なり、県内7地区で29日~7月5日に予選を実施する。順調に日程が進めば、同25日に決勝が行われる。原則として無観客。