奥州医師会と奥州市、金ケ崎町などは30日、新型コロナウイルス感染症が疑われる患者の受け入れに向け、発熱外来診療所の最終リハーサルを行った。診療開始は6月4日を予定し、ドライブスルー方式での問診やPCR検査の検体採取を行う。

 受診対象は、奥州市と金ケ崎町の中学生以上。発熱などの症状がある場合、かかりつけ医か県のコールセンター、奥州保健所のいずれかに電話。受診の必要が認められ、比較的軽症と判断された場合に受診する。設置場所は非公表。