葛巻町の岩手くずまきワイン(社長・鈴木重男町長)は、県産の原木シイタケと三陸産のオキアミのアヒージョを開発した。山海の幸のうま味を凝縮した逸品が食卓に花を添える。

 肉厚のシイタケと、エビに似た風味のオキアミを唐辛子とオリーブオイルに漬け込み、さっぱりとした味わいに仕上げた。同社と岩手缶詰岩手町工場(高橋文秀工場長)が共同開発。1個70グラムで、初回は5千個を製造した。

 1個650円。定番ワインのフォーレ(赤、ロゼ)などとのセット販売も行う。問い合わせは同社(0195・66・3111)へ。