一関市は18日、新型コロナウイルス感染症対策の臨時診療所を開設する。感染が疑われる人から検体を採取し、民間機関のPCR検査にかける。本県では九つある二次医療圏ごとに「発熱外来」など地域拠点を構える計画があり、一関地域に最も早く開かれる見通し。既存の帰国者・接触者外来と併用することで、検査の間口が広がる。

 同市によると、臨時診療所は一関、平泉両市町の中学生以上を対象とする。発熱などの症状がある人はまず、一関保健所の帰国者・接触者相談センターに相談した上で、かかりつけ医など医療機関を受診。PCR検査が必要と判断された人だけが医師の予約を経て、臨時診療所を訪れる。

 臨時診療所はドライブスルー方式で、本人確認などを経て車内で検体を採取する。検体は関東の民間検査機関に郵送され、3、4日後に結果が判明する。診療所の設置場所などは混乱を防ぐため非公表。