新型コロナウイルス感染症が拡大する中、県や北上市に県外ナンバーの車に乗る市民から「中傷を受けた」との相談が複数寄せられたことが7日、分かった。県外から同市に転居した子どもが同級生からからかわれていると県への投書もあった。市はホームページ(HP)で思いやりのある行動を呼び掛けている。

 市によると、4月以降、県外ナンバーの車に乗る市民からの相談は2件。うち1件は同感染症が国内に広がる前から転居していたにもかかわらず、市内で「何をしに来た」と聞かれ、不快な思いをしたとの内容だった。

 県への投書は4月に寄せられた。県関係者によると、同市への相談と同様の中傷と、小中学生の子どもが同級生から「コロナ県から来た」などとからかわれたことが書かれていた。