花巻市東和町土沢の鏑(かぶら)八幡神社(一ノ倉良祐宮司)は4日、新型コロナウイルス感染症の終息と地域の安寧を願い、同神社で祈願祭を行った。

 地域住民や春日流落合鹿踊(ししおどり)保存会(大野五月男(さつお)会長)の会員ら約20人が参集。玉串奉てんなどの神事に続き、同保存会が疫病退散を願う「除魔讃魂(じゃまさんこん)」など歌と踊りを奉納した。