【ロサンゼルス共同】米大リーグで3月28日時点の出場選手登録メンバーの年俸が3日、AP通信の調査で明らかになり、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は70万ドル(約7500万円)だった。

 1年目は規定により最低保障額の54万5千ドル、昨季も65万ドルにすぎなかった。今オフに年俸調停の権利を獲得し、来季は大幅増の可能性がある。

 マリナーズ勢は菊池雄星(花巻東高)が1600万ドル、平野が160万ドルで、ツインズの前田は312万5千ドル。