新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、需要が高まっているマスクの生産に乗り出す動きが目立っている。県内の手芸店で手作りマスクが注目を集め、縫製業者は地元の子どもたちに布製マスクを贈る。全国では伝統技術や科学技術を取り入れた商品が発売され、著名なデザイナーも手掛けるなど広がりを見せる。

 雫石町内で盛り上がっているのが「マスクリレープロジェクト」。NPO法人まちサポ雫石(桜田七海理事長)が生地を住民に提供し、手作りの完成品を150円で買い取る。雫石よしゃれ通り商店街を中心とした住民が連携。町まちおこしセンターしずく×CAN内で一般向けに販売する。

 陸前高田市竹駒町の女性下着製造業シェリール(嶋崎博之社長)は初めて製造した布製マスク3300枚を市内の園児と小中学生に2枚ずつ配布。県北を中心に縫製業者が同様の取り組みを展開する。