盛岡市住吉町の住吉神社(瀬川一郎宮司)は「こどもの日」にちなみ、色とりどりのこいのぼりを掲揚している。瀬川宮司らが令和に改元されたことをきっかけに新しいことを始めようと、今年初めて実施。掲揚は今月中旬ごろまでを予定している。

 こいのぼりは全長約2メートルで、青、緑、ピンク、オレンジの4種類。約110匹が参道の両側に並んでいる。参道を歩く人たちは、元気に泳ぐ姿を「華やかできれい」などと眺めている。

 こいのぼりには3千円の奉賛金で名前を記入することができる。子どもの健やかな成長や自身の健康を願い、これまでに0歳~86歳の約40人が記入した。