八幡平市野駄の為内(いない)の一本桜が見頃を迎えた。例年なら県内外の写真愛好者や行楽客の姿が途切れないが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で人もまばらな印象だ。

 小鳥のさえずりが響く小高い丘にりんと立つソメイヨシノ。淡いピンクをまとった姿とそよ風に揺れる黄色のスイセン、水色の空のコントラストが美しい。

 岩手山には魚の尾の形をした残雪がくっきり。周りの田畑には作業に励む農家の姿。山里に穏やかな春がやってきた。

 市観光協会によると、見頃は例年数日だという。