4日はみどりの日。一関市東山町の猊鼻渓では、石灰岩の渓谷に若葉が芽吹き、日々強まる陽光に輝く。約2キロ連なる岩壁は最深部だと高さ100メートルを超え、上空からの眺めはまさに圧巻だ。

 全国的な新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の延長で、名物の舟下りは31日まで休業。伸びやかな「げいび追分」の歌声に代わり、静かな大自然に砂鉄川のせせらぎと鳥の鳴き声が響く。