新型コロナウイルス感染症の拡大に備え県は、軽症者らを受け入れる宿泊・療養施設を計300室程度用意する方針だ。

 民間の宿泊施設や自治体の研修所などを想定し、医療従事者が健康観察する。

 本県でも入院患者が増える事態を見越して、重症者向け病床とともに軽症者の受け入れ態勢を整える。