2日の県内は南から暖かい空気が流れ込み、一関では30・3度(平年比10・8度高)まで上がり、今年初の真夏日となった。県南や沿岸を中心に、36観測地点のうち18地点では25度を超す夏日を記録した。暑さは3日も続く見通しで、室内の温度調節など体調管理に注意が必要だ。

 一関市は蒸し蒸しした暑さに見舞われ、同市大町の茶販売店「常州園」にはテークアウトのソフトクリームを買い求める客が訪れた。

 最高気温は宮古28・4度(同11・1度高)、大船渡28・3度(同11・1度高)、盛岡21・8度(同3・6度高)など。