大船渡市は1日、新型コロナウイルス感染症対策室を設置した。専任職員4人を含む24人体制で感染症対策を強化する。

 戸田公明市長が災害復興局の佐々木義久局長に室長兼務の辞令を交付。市役所本庁3階に設けた対策室入り口に看板を掛けた。

 職員を前に戸田市長は「市内で1人の感染者も発生させず、発生したとしても拡大させない。さまざまな施策を打ち、コロナとの闘いを勝ち抜きたい」と訓示した。