陸前高田市の高田高(村上弘校長、生徒365人)海洋システム科食品科学コースは、地元産の食材でサバ白味噌(みそ)煮缶詰を開発し、27日発表した。共に地元の広田湾漁協(砂田光保組合長)から仕入れたサバと八木沢商店(河野通洋社長)の白味噌を使った初のコラボ商品。道の駅高田松原で限定販売し、陸前高田の豊かな食文化を発信する。

 道の駅でお披露目会を開き、開発に携わった同コース3年の新沼匠さん、平野朋也さん、村上健太さんの3人が出席。来館者に試食を勧めて商品をPRした。

 缶詰は1缶210グラムで250円。3人は昨夏漁獲が好調だったサバを使い、当時の3年生3人と共に開発に取り組んだ。味噌煮は一般に赤味噌を使うことが多いが、甘みのある白味噌でやさしい味わいに仕上げた。