県高体連(会長・中島新盛岡三校長)は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった県高校総合体育大会の代替大会開催を断念した。感染リスクを完全に払拭(ふっしょく)できないことなどを踏まえて判断。27日までに各競技専門部に文書で通知した。

 全国高体連は今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)中止に伴い、最終学年の生徒が成果を発揮できる各自治体レベルでの代替大会の開催を各都道府県高体連に要望。県高体連は4月下旬以降、専門部や評議員の意見を参考に検討を進めてきた。

 だが、政府の緊急事態宣言が全国で解除されたものの、当面の間は感染と拡散のリスクが避けられないため、生徒の安全を最優先に考えて大会開催を断念。既に引退した選手がいることや日程調整が困難なことも考慮した。

 部活動の休止で練習不足によるけがの心配があるため、代替大会は強制しない。各競技専門部などが独自に開催する場合は財政面で支援する方針だ。