岩手地区中体連(榊原世士(よし)会長)は26日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による県中学校総合体育大会(県中総体)の中止を受け、地区大会を7月18、19日に開くと決めた。県内13地区のうち、開催決定は8地区目。

 体調面などを考慮し、当初予定の6月20、21日から約1カ月遅らせた。例年行っている全12競技を実施するほか、ハンドボールや水泳など地区大会がない競技も、記録会など練習の成果を発揮する場を設ける。観客の有無は今後検討する。