2020.05.26

2メートル 近づかにゃいで 猫保護団体の啓発缶バッジ人気

北のしっぽが企画した缶バッジ「2ゃんめーとる」
北のしっぽが企画した缶バッジ「2ゃんめーとる」

 北上市を中心に活動する猫の保護団体「北のしっぽ」(蔵田玲理(れいり)代表)が企画した缶バッジ「2(に)ゃんめーとる」が話題を呼んでいる。新型コロナウイルス感染症対策のソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を呼び掛けるユニークなグッズ。「名前とデザインが面白くてかわいい」と人気を集める。

 直径約3センチで220円。4月上旬から花巻市上町の雑貨店「Pekkoi商店」(伊藤尚子店主)で販売を始めた。名称はにゃんこ(猫)と、他人との間隔として求められる2メートルを組み合わせた。

 「新型コロナの対策となるものを猫関連で作りたい」と企画。花巻市内の工房に製作を依頼した。収益は活動費に充てる。同店の営業は午前11時~午後5時。不定休。電話080・3396・3841。