達増知事は25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の全国解除を受け、首都圏などとの往来を段階的に緩和していく考えを示した。併せて「県民も県外から来る人もリスクはゼロではない」と指摘。3密(密集・密閉・密接)回避など予防策の徹底を改めて促した。

 県庁で記者団に対し「東京都などとの行き来については緩和していく方向。段階的にどう進めるか、具体的に決めたい」と語った。県は相対的に感染リスクの高い都道府県への移動自粛を求めてきた。今回の宣言解除を受けこれら県外との往来について、26日の県対策本部員会議で協議する。

 「3密」対策で席数を減らして営業していく店舗の減収対策で、国のメニューと合わせて支援に乗り出す意向も示した。観光面では「まずは県内観光からはじめ、そして県外とも行き来するような振興策を進めたい」と述べた。