岩手日報社の県内企業100社アンケートで、採用活動への新型コロナウイルス感染症の影響に関し、80社が「ある」または「今後ありそうだ」と答えた。多くの企業が説明会を中止・延期し、採用日程の見直しを迫られている。「3密」回避へネットの活用や少人数での選考など工夫を凝らすが、通年採用への転換や採用活動の一時停止に踏み切る社も出ている。

 同感染症の影響が「ある」と答えたのは45社、「今後ありそうだ」も35社に上った。「ない」は6社のみで無回答14社。

 影響ありとした計80社に内容を聞いたところ(複数回答、回答総数178)、「説明会の中止や延期」が35・39%で最も多かった。次いで「採用日程の見直し・遅れ」23・03%、「対面で面接ができない」16・85%の順。「応募が少ない・減った」との回答は11・23%、「グループ選考が困難」「採用経費が増える」も共に4・49%あった。