北上市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う独自の経済対策として、地元飲食店で使える飲食券数千円分を市内全世帯に配布する方針を固めた。客足が落ち込む夏油高原温泉郷のホテルや旅館に対しては、県民の宿泊利用者1人当たり数千円を支援する方向。

 28日の市議会臨時会議で、関連費約2億円を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を提案する予定。

 飲食券を利用できるのは市内に拠点を置く中小規模の飲食店で、テークアウト導入店やスナックなども対象。賛同する店舗には、配布に合わせて登録手続きを進めてもらう見通しだ。