八幡平市田頭の東慈寺保育園(小瀬真子園長、園児68人)の年長児13人は22日、同市平笠の観光施設サラダファームヴィレッジの圃場でトウモロコシの種をまいた。

 子どもたちは長さ約10メートルの七つの畝で作業。「大きくなってね」と声を掛けて、種に土をかぶせていった。黒くなった手を見せ合ったり、畝で見つけた虫に歓声を上げるなど畑仕事を楽しんだ。