滝沢市牧野林のみちのく商店(日沢佳治代表取締役)の「みちのくグラフィックス」に勤める藤平達也さん(47)=盛岡市西松園=は、県内の美しい景色をパノラマ式の仮想現実「パノラマVR」で楽しめるアプリを開発した。新型コロナウイルス感染症拡大で外出自粛を迫られる中、家の中にいても外に出掛けたような気分を味わえる。

 開発したのは「IWATE360VR」というアプリで、無料で閲覧できる。盛岡市高松の高松池の桜や同市内丸の岩手公園の紅葉、矢巾町煙山の煙山ひまわりパークのヒマワリの景色など、13スポットの美しく色鮮やかな景色が画面上で360度見渡すことができる。

 アプリは、みちのくグラフィックスのHPや2次元コード、アプリのURL(https://vr.ta2ya.jp/)から閲覧することができる。