2020.05.22

初夏の味育てる「ウニ牧場」 洋野・宿戸漁港の増殖溝

遠浅の岩盤を削って造られたウニの増殖溝。干潮時には陸地が姿を現す=洋野町種市(本社小型無人機から撮影)
遠浅の岩盤を削って造られたウニの増殖溝。干潮時には陸地が姿を現す=洋野町種市(本社小型無人機から撮影)

 伝統の潜水技術「南部もぐり」で知られる洋野町種市。宿戸(しゅくのへ)漁港そばの浅瀬から上空にドローン(小型無人機)を飛ばした。徐々に高度を上げていくと、風景が一変。岩盤をくし状に削ったウニの増殖溝が満潮の水面下に姿を現した。

 昨秋に沖合で採れたウニを移植し、冬を越して丸々と成長したウニが暮らす様子は、まさに「ウニの牧場」。海水が流れ込む増殖溝には餌となるコンブやワカメが茂り、初夏を迎えるこれからの季節がウニ漁の最盛期となる。

関連リンク