県競馬組合(管理者・達増知事)は20日、新型コロナウイルス感染症の影響で岩手競馬の無観客開催が9月末まで続く場合、インターネット発売が好調に推移しても本年度は3億6千万円程度の赤字となる試算を示した。単年度収支均衡が存続条件であり赤字は許されず、経費節減などの対策を急ぐ。

 同日の組合運営協議会で示した。試算では同感染症に伴う外出自粛でネット発売が好調でも、単純計算で3億6千万円程度の赤字になる。現在は競馬場や場外発売所で馬券を発売しておらず、売り上げに影響している。これら発売拠点がないことで、他競馬主催者の発売を受託した際に得られる広域受託協力金収入も減っている。

 2020年度の岩手競馬は4月5日の開幕から、無観客開催を続けている。