東北を中心に活動する「みちのくプロレス」が、所属選手による弁当の宅配サービスを盛岡市で始め、20日にPRイベントを行った。同市の宅配弁当店「八栄堂」とのコラボで、新型コロナウイルスに負けない元気と一緒に届ける。

 感染拡大の影響で興行休止を余儀なくされる中、コミッショナーの新崎人生選手が地域を元気づけたいと発案。指名はできず、注文してレスラーが来るかどうかは運次第だ。

 みちのくプロレスは23日から、観客を少人数に限って試合を再開予定。ただ本来の規模での興行は見通しが立っておらず、弁当配達は本格再開までは続けるという。