盛岡地方気象台は18日、低温に関する県気象情報を発表した。22日ごろにかけて、県内の最高気温は県北を中心に3月中旬から下旬並みに低くなる見込みで、農作物の管理に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、オホーツク海付近の高気圧から冷たい風が流れ込み、低気圧や前線の影響で曇りや雨となる。20日の予想最高気温は盛岡8度、宮古10度など低くなる見込み。

 19日の県内は低気圧や気圧の谷の影響で雨の降る所が多くなりそうだ。予想最高気温は盛岡12度、宮古10度、大船渡12度の見込み。