奥州市前沢の岩手銘醸(及川啓子社長)は、消毒用アルコール「岩手誉(ほまれ)アルコール77」を開発し、20日から同社で販売する。市のふるさと納税の寄贈型返礼品にも追加。市への寄付に応じて、市内の医療・介護施設に贈られる。

 原料用アルコールとグリセリンを利用し、一関市の同社玉の春工場で製造。アルコール分は77%。容量300ミリリットル、990円で販売する。市販の容器に移し替えると500回程度プッシュできるという。

 アルコールは3本1セットとして、奥州市のふるさと納税の寄贈型返礼品として追加。1万円の寄付で1セットが市内の医療・介護施設に配られる。申し込みはポータルサイト「ふるさとチョイス」で20日正午から。