三陸鉄道(本社宮古市、中村一郎社長)は、18日の新田老駅開業に合わせて記念切符を発売する。開業日の日付入り硬券セットのほか、台紙には宮古市田老地区の復興の様子や三鉄の36形車両の一覧写真を掲載し、魅力を発信する。

 記念切符は新田老と宮古、岩泉小本をつなぐ片道切符、通常は販売していない入場券など硬券5枚がセットで1360円。限定千枚で、同日朝から三鉄の宮古、盛、釜石、久慈の4駅で販売し、郵送販売(送料140円が別途必要)も受け付ける。

 記念切符の問い合わせは同部(0193・62・7000)へ。