花巻市大迫町外川目の宇瀬水(うせみず)牧野管理所そばに咲くベニヤマザクラが見頃を迎えている。

 山々に囲まれた牧野には繁殖用の雌牛約140頭が放牧されている。雄大な自然に、鮮やかなピンクの花をつけた桜がぽつんと立っている。

 桜は牛が日陰で休むために植えられたとされる。天候が良ければ岩手山まで見渡すことができる。

 同管理所の藤原秀司(しゅうじ)場長(52)は「牛は神経質なので、近づかずに遠目から楽しんでほしい」と呼び掛ける。