洋野町中野の高家(こうげ)漁港沖に15日、オットセイが現れた。岸壁から300メートルほど離れた岩に愛らしい姿でたたずみ、地元漁師らは「初めて見た」と目を細めながら珍客を見守っている。

 住民によると、姿を見せ始めたのは14日。

 仙台市の仙台うみの杜(もり)水族館によると、外洋を回遊するキタオットセイとみられる。