矢巾町高田 県社会福祉協議会地域福祉企画部長 斉藤 穣(ゆたか)さん(52)

 震災時は沿岸の障害者施設の支援に当たり、応援職員の派遣体制を構築したり物資や義援金を届けた。障害者の避難支援の重要性を痛感した。社協の生活支援相談員の支援対象は3月時点で約4700世帯あるが、新型コロナウイルス感染症の影響で不安を抱えている人もいるだろう。感染予防を行いつつ人と人とのつながりを感じられる取り組みを模索していきたい。